ユーザログイン

アンケート

EA自動開発ツールに追加して欲しいものは?:


ご使用方法 - MT4用EA自動開発ツール

Bookmark and Share

EA自動開発ツールご使用方法

成行エントリー・決済方法

フィルタ・トリガーの使い分け

トリガー条件

トリガー条件が満たされると、成行エントリー・決済の判断が行われます。

トリガー条件

実際の戦略では、たとえば次のようなトリガー条件を用います。

  • EMA短期線がEMA長期線を上抜け」したときに、成行で買いエントリー
  • ボリンジャーバンド2σ幅が30pipsを超えた」ときに、ポジションをすべて決済
  • 現在値が直近8足の高値を下抜け」したときに、成行で売りエントリー

EA自動開発ツールお申込

フィルタ条件

トリガー条件が発生すると、フィルタ条件が判定され、フィルタ条件を通過したときのみ実際にエントリー・決済が行われます。フィルタ条件としては、このようなものが設定されます。

  • SMA短期線がSMA長期線の上にある」場合のみ、実際に買いエントリーを行う
  • 現在値がボリンジャーバンド3σの間にある」場合のみ、実際にエントリーを行う

エントリー・決済タイミング

エントリータイミング

  • 終値確定ベースで条件を判定
    インディケータ同士のクロスを使った戦略や、パラボリックSARなどに最適です。
  • 現在値ベースで条件を判定
    高値/安値などのブレイクアウト戦略に最適です。

EA自動開発ツールお申込

その他の設定

トレーリングストップ

StopLoss, TakeProfit

  • StopLoss [pips]
    StopLossをpips単位で指定すると、この値に含み損が達した瞬間にポジションが決済されます。
  • TakeProfit [pips]
    StopLossをpips単位で指定すると、この値に含み益が達した瞬間にポジションが決済されます。

トレーリングストップ

  • TrailingStop [pips]
    TrailingStopとは、持っているポジションを決済する逆指値注文を、高(安)値にあわせて切り上(下)げしていくことを指します。 TrailingStopを1以上に設定したとき、TrailingStopはそのEAで有効になります。この値を小さく設定しすぎると、ブローカーに注文が受け付けられないことがあります
  • TrailingStep [pips]
    TrailingStopを実行する際、どの程度値動きがあったときにStopLossを変更するか、を規定します。
    たとえばTrailingStepに5pipsを指定し、TrailingStopに30pipsを指定した場合、StopLossと現在値の価格差が (30+5=) 35pipsになるごとに、現在値±30pipsにStopLossが移動します。2pips以下などこの値を小さく設定しすぎると、ブローカーに注文が 受け付けられないことがあります。
  • TrailingStartsAt [pips]
    TrailingStopを開始するポイントを指定します。含み益がこの値を超えたとき、TrailingStopは有効になります。TrailingStartsAtはフィルタとして動作します。すなわち他にトレーリングストップに条件をつけた場合は、その条件とTrailingStartsAtの両方の条件が満たされなければ、トレーリングストップは動作しません。

トレーリングストップの動き

その他まだまだお伝えしきれない様々な機能が搭載されています!

EA自動開発ツールお申込