3. 変数と型

Bookmark and Share

今回は、MetaEditorでのプログラミングで最低限必要な基礎知識を確認していきます。
このサイトはチュートリアルなので、あくまでも実践型が基本なのですが、その前段階の準備です。
プログラミングに関する抽象的な話で、他の言語でのプログラミングの経験がある方は、適宜読み飛ばしていただいて構いません。

0. プログラミングのお約束

以下は最低知っておくべき、「プログラミングのお約束」のようなものです。

  • 各文章の末尾には、セミコロン";"をつける
  • プログラミング中で文字列を使う際には、ダブルまたはシングルクオーテーションマーク("", '')で囲う

これからさまざまな例を見る中で自然に理解できると思いますが、最初に覚えておくべき「お約束」はこんなところです。

1. 変数とは・・・?

変数」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
数学の時間に一度は聞いているはずですが、数学での変数とは「未知あるいは一つに定まらない数」を意味します。
例えば、「x2+2x+1=0」ではxが変数として扱われています。(x=-1は、問題文中では未知のはずです)

プログラミングを行う時の「変数」は、これとは少し違う意味を持っています。すなわち、任意のデータを呼び出すためのラベルのようなものです。

プログラミングの経験がある方にはおなじみかと思いますが、少しわかりにくい概念なので例を出してみましょう。

  1. int x = 0; //ここでxは0にセットされます。
  2. x = x + 1; //ここでxにx+1すなわち1がセットされます。
  3. Print(x); //ここでxの値が出力されます。

上の例では、最初0という値に、変数xというラベルを付けています。
"x=0"で、「xを0とする」という意味になるわけですね。最初のintに関しては、次で説明します。
もう1つ例を出してみましょう。

  1. string message = 'Hello, ';
  2. message = message . 'world!';
  3. Print(message); // Hello, world! と出力されます。

このように、文字に変数というラベルをつけて、文字を操作することもできます。

2. データの型(types)

さて、上のように変数は「数字」を表したり、「文字」を表したりできるわけですが、どんなデータが入っているのかは、最初に明示する必要があります
これは、PHPなどのスクリプト系言語と大きく異なる点なので、プログラミング経験がある方も注意してください。

データの型(types)には様々なものがありますが、最低限知る必要があるのは次のものです。

  • 整数(integer)
    文字通り「整数」です。変数を最初に定義するときに、はじめに'int'を付けて明示します。
  • 浮動小数点数(floating point)
    要するに「小数が含まれる実数」です。変数を最初に定義するときに、はじめに'double'を付けて明示します。
  • 日付(date)
    Unix時すなわち「1970年1月1日からの秒数」を表します。変数を最初に定義するときに、はじめに'date'を付けて明示します。
  • 文字列(string)
    文字列」を表します。アルファベットなどの1byte文字、漢字などの2byte文字を、ともに含めることができます。変数を最初に定義するときに、はじめに'string'を付けて明示します。

プログラム中で、最初に定義する例を以下に示します。

  1. int example1 = 12;
  2. double example2 = 3.1415;
  3. date example3 = 1214850744;
  4. string example4 = 'Types of variables are defined like these.';

このようにMetaTraderを使ってプログラミングを行う際には、変数の定義を忘れないようにしましょう。