1. Expert Advisor (EA)を有効化する

Bookmark and Share

作成したEAを実際の取引に使うには、MetaTrader上で、Expert Advisor (EA)を有効化する必要があります。EAを有効化すると、実際に口座に入っている資金を使って、MetaTraderが自動的にポジションテーク、ポジションクローズを行います。
EA開発代行サービスをご利用いただいた方は、納品後のEAのご利用方法を解説した専用ページが便利です。

1. MetaTraderにEAファイルをインストール

MetaTraderにEAファイルをインストール

EAファイルを、MetaTraderにインストールします。MetaTraderがインストールされているフォルダを通常のファイルと同じ手順で開いてください。FXDDからダウンロードしていただいたMetaTraderの場合、デフォルトでは"C:\Program Files\FXDD - MetaTrader 4"にMetaTraderがインストールされています。マイ・コンピュータを開き、「ローカルドライブ(C:)」を開いた後、「Program Files」の中にあるMetaTraderフォルダを探してください。

MetaTraderフォルダを開いた後、その内にある、expertsフォルダを開いて、その中に2つのファイルを入れてください。expertsフォルダにはその中に様々なファイルがありますが、それらの中にファイルを入れないよう、ご注意ください。

インストール済みのMetaEditorを使った方は、この手順を飛ばしていただいて構いません。コンパイルを行った段階で、EAは自動的にインストールされています。

2. MetaTrader内でEAを確認する

ここまでの操作が完了したら、通常通りMetaTraderを開いてください。(すでに開いていた場合は、MetaTraderを再起動します)

EAを起動させる

左下の「Navigator (ナビゲータ)」の中のExpert Advisorsを開くと、先ほどのファイル名と同じEAが増えているはずです。
(カスタム・インディケータの場合はCustom Indicatorsを開いてください)
MQ4ファイルが認識されていない場合は、一番下の物のようにアイコンが灰色に表示されますが、売買を行うに当たっては問題ありません。

3. EAを利用したFX自動売買の開始

さて、実際に自動売買を始める場合は、上の図の赤い矢印のように、EAを使用したいチャートの上までドラッグ&ドロップしてください

全般タブ

上のようなウィンドウが開くはずです。Allow live trading(自動売買を許可)にチェックを入れた後、Inputsタブを開きます。

Inputsタブ

Inputsタブでは、EAを実行する際のパラメータを指定することができます。取引の前に、パラメータが意図するものであるかを必ず確認してください。最後にOKボタンをクリックします。

4. 動作の確認

最後に、画面上部に表示されているExpert Advisors有効化ボタンのアイコンが赤くなっている場合は、それをクリックしてください。

Expert Advisors有効化ボタン

EAが有効になっている状態のアイコンは、次のようなものです:

EA有効化後のアイコン

全ての設定が完了し、自動売買が実行されていることを確認するため、チャートの右上に次のマークが表示されていることをご確認ください:

動作中のEA (実際の画面では"MACD Sample"の代わりに、EAの名前が表示されます)