ユーザログイン

アンケート

EA自動開発ツールに追加して欲しいものは?:


AutoFX Lab. EA Base Version 1

Bookmark and Share

Ver. 1.00: 2009/12/01; Ver. 1.10: 2009/12/04

上の規定日から後にFX自動売買研究所で作成されるEAは、特に別途指定がない限り以下の仕様に基づいて作成されています。丸カッコ内は特にご指定がない場合のデフォルトの設定です。MQ4コードの上部に記載された、"Base Ver."のバージョンが1.XXの場合、EAは次の仕様に基づいて設計されています。

共通仕様

  • プラットフォームは、MetaTrader 4です。
  • EAはMetaTrader 4が対応するすべての通過ペアでご使用いただけます。
  • EAが1つの足で2回以上売買を行うことはありません。

標準パラメータ

  • Magic (12345678 または 作成された時間) [任意の整数]
    マジックナンバーです。複数のEAを使用する際に、それぞれのEAが持っているポジションを区別するために使われます。 
  • Lots (0.1) [100,000通貨単位]
    EAが1度の売買で取引するロットサイズ(100,000通貨単位で記入)です。ロットサイズを変えていくEAでは、初期のロットサイズを指定します。
  • Slippage (3) [pips]
    スリッページ。取引の誤差をどこまで許容するかを指定します。 
  • StopLoss (0) [pips]
    StopLossをpips単位で指定します。0が入力された場合、指値でのStopLossは設定されません。この値を小さく設定しすぎると、ブローカーに注文が受け付けられないことがあります。 (Freeze Level)
  • TakeProfit (0) [pips]
    TakeProfitをpips単位で指定します。0が入力された場合、指値でのTakeProfitは設定されません。この値を小さく設定しすぎると、ブローカーに注文が受け付けられないことがあります。 (Freeze Level)

ドテン売買

  • CounterStop (0) [0/1]
    CounterOrderに1が入力されている場合、StopLossの執行とほぼ同時に、反対方向への注文を行います(ドテン売買)。StopLossで指値注文したものではなく、EAが独自のロジックに基づいて行った決済は、CounterOrderの影響を受けないことに注意してください。
    複数のポジションを持つことを前提にしたシステムでは、CounterStopの動作はサポート対象外となります。 

トレーリングストップ

  • TrailingStop (0) [pips] ver. 1.00ではStopLossと同じ値が用いられます
    TrailingStopとは、持っているポジションを決済する逆指値注文を、高(安)値にあわせて切り上(下)げしていくことを指します。 TrailingStopを1以上に設定したとき、TrailingStopはそのEAで有効になります。
  • TrailingStep (5) [pips] ver. 1.00ではTrailingStopがこの値を表します
    TrailingStopを実行する際、どの程度値動きがあったときにStopLossを変更するか、を規定します。
    たとえばTrailingStepに5pipsを指定し、TrailingStopに30pipsを指定した場合、StopLossと現在値の価格差が (30+5=) 35pipsになるごとに、現在値±30pipsにStopLossが移動します。2pips以下などこの値を小さく設定しすぎると、ブローカーに注文が 受け付けられないことがあります。
  • TrailingStartsAt (0) [pips]
    TrailingStopを開始するポイントを指定します。含み益がこの値を超えたとき、TrailingStopは有効になります。TrailingStartsAtはフィルタとして動作します。すなわち他にトレーリングストップに条件をつけた場合は、その条件とTrailingStartsAtの両方の条件が満たされなければ、トレーリングストップは動作しません。

トレーリングストップの動き

StopLoss, TakeProfitの指定方法

  • BasedOnMovement (0) [0/1] このパラメータは、Ver. 1.10より非推奨 (deprecated) となります
    S/L, T/Pを指定する方法は、利益/損失に基づく方法と、値動きを基準にする場合の2通りがあり、この2つの方法はスプレッドの関係で結果が異なります。BasedOnMovementが0に設定されている場合、StopLoss, TakeProfitは利益/損失に基づきます。この値を1に設定すると、StopLoss, TakeProfitは値動きに基づいて指定されます。
    このパラメータを変更すると、適切に売買が行われなくなる可能性があります。高度な知識を有する場合のみ、このパラメータを変更してください。このパラメータを変更した場合のEAの動作につきましては、サポート対象外とさせていただきます。

利益/損失幅に基づくS/PとT/S
値動き幅に基づくS/LとT/Pの指定